みててあげるよ。 なりたてほやほや ほいくしブログ(*^。^*)

今まさに子育てを頑張っているママさん達と子ども達のオアシスのような場所に。

ヘナ。

ヘナをするようになって9か月ほどの私。

今日も実は朝からヘナ。

今も頭にラップを巻いた上から

ニット帽をかぶっています。

 

なので今日はヘナのことを書こうかな。

 

私はそれまで、ずいぶん長い間

二十歳ぐらいの時からかなぁ。。

常にカラーとカットを

セットで考えて美容院に行っていました。

マニキュアとかもやったなぁ。

いったい何回ヘアカラーをしたのかわかりませんが

髪にいいことをしていると思ったことは

やっぱり一度もなかったんです。

でも、一度やり始めたら、伸びてくると根元のところが

染めたところとの色の違いが出てきて

みっともなくて、それに2か月くらいすると

カラーの色が抜けてくるととんでもない

キンキンした色になってきて・・。

またそれを隠すように上からカラーをする

の、繰り返しでした。

それが昨年の5月、

体にも良い、ヘナをやっている人たちのお仲間に入れてもらって

手軽に自分でもヘナすることができるとわかり、

始めました。ヘナを。

もうカラーに戻そうとは今のところ思いません。

もともと、年齢の割に白髪がほとんどないので

有難いのですが、ヘナをすると髪の色を整えてくれるだけでなく

間違いなくツヤツヤになります。

やり始めてから枝毛、痛んだ毛、さきっぽだけ細くなった毛を

見なくなりました。

ヘナをやると肌も生き生きします。

そして心もわくわくしてくる感じ。

ヘナにも種類があって色を自分で微調整できるので

洗い流して乾かすとき、今回はどんな仕上がりになったかな~

なんて楽しみです。

そして、ヘナをやった当日はぐっすり眠れます。

とても体にいいんだなぁ~って

実感できます。

 

今日は13時くらいまでこのまま

ニット帽のどんぐりちゃんでゆっくり

過ごそうと思います。

 

 

 

 

みんなの学校

「みんなの学校」という映画を観てきました。

江南市主催のイベントがあり、

男女共同参画の講演会のあとの上映でした。

すごい映画でした。

泣けました。

 

学校とは、そこにいるすべての人の学びあいの場所である

 

最後のナレーションの言葉が心に残りました。

 

身近にこんな学校があったら・・

そんな気持ちにもなりそうですが

子どもの学校でも、まわりの大人たちにやる気さえあれば

少しづつでも、いつからでも始められるのかも・・と思いました。

人間だから、生き物だからひとりひとり違うわけで

その子どもたちへの教育はそう簡単なものではないのは

当たり前で。まわりの大人たちが全力で関わって、

子どもに携わる、いやすべての人類が

子どもを見守り支えてあげられる世の中になったらいいのに。

 

私は、子どもの小学校で読み聞かせのボランティアをやらせていただいていて、活動日には学校に行くのですが、

先週もちょっと気になる6年生の女の子がいました。

いきなりバッターンと、教室のドアを閉めたかと思ったら

読み聞かせの間中、机にふさって、

途中から泣き出してしまって・・。

 

読み聞かせが終わり、先生がきっと私が返ってから、

上手に対応されるだろうと

声もかけずにその場から離れてきてしまいましたが

その子になにか、なんでもいいから

声を掛けてあげればよかったと反省。

 

来週また今年度最後の読み聞かせがあるので

学校へ行きます・・楽しみ。

 

その映画の前の

男女共同参画の講演会でいらっしゃっていた

愛知県議会議員の方の

ごあいさつの中で、これは・・と思ったお言葉

 

コミュニティに大切な5ポイント

 

限られたひとではなくいろんな人がいていい

人物本位で人を見る(学歴などではない)

自分の力を信じている

困りごとはまわりの人にすぐ打ち明けて相談する

人とのつながりはゆるやかに、密接すぎず仲良くしすぎない

 

その集団や、団体が過ごしやすい、

風通しが良いか

の条件のようで

大切なことだなぁって思いました。

ありがたいお言葉でした。

 

映画にも感動し

いろいろと勉強になった一日でした。

 

 

 

 

アドラー心理学  怒りの感情

ご縁があって、アドラー心理学を学び始めました。

講座を2回受けたのですが

すでに心の変化は大きいです。

 

怒りについて。

怒りは一番安易で簡単で手っ取り早い

コミュニケーションである。

怒りは出し入れ自由。

怒りは道具。

 

何かを伝えたいときに

安易に怒りを乗っけすぎていた私。

特に子供に対して、いかに今まで威圧的で

上から目線で、いう事聞かせよう!的な

接し方であったか。

 

学んでから、心にすっと入ってきたその部分。

さっそく実践しています。

決して怒りを我慢するとか

抑えようとか、そういうのではなく

 

怒りの感情が湧いてきたら

とりあえず、ちょっと置いておく。

そして伝えたいことだけを伝える。

怒りは6秒でおさまる。

 

そしてこれがここちいいことがわかりました。

怒らないこと・・ここちいい。

これを味わったらこっちのもの。

 

もっと深くまなびたい

アドラー心理学です。

 

雪の日。

今日は朝から雪。

子どもの小学校で、木曜の朝は読み聞かせがあります。

私もその読み聞かせサークルに入っているお母さんの一人なので

今朝は雪の中、学校へ。

今日は6年生のクラスへ、

もう、このクラスでこの場所で

読み聞かせをするのは最後だな・・なんて

卒業を意識しながら

心をこめて読みました。

 

でも、考えてみたら毎回毎回、

その日のクラスでその場所で

またいつ読み聞かせをするかは

分りません。

いつも、いつも

どこでも

今日が最初で最後。

一期一会。

 

一日一日

人との出会いの瞬間を大切にしたいですね。

また、来週あえるだろう

また、ここに来たらあえるだろう

そんな保証はどこにもなくて。

 

今、この瞬間がすべて。

 

そしてその後

履歴書を持って、某市の市役所の子育て支援課へ。

保育士として働らくためのパートさん登録なるものをしてきました。

健康診断書と検便も提出しないと行けなくて。

保育士さんは、施設に勤務するのに

毎月検便を提出してるのだそう。

知らなかったです。

 

とりあえず、今回は

保健所へいって容器をいただいてきました。

最初に保健センターへ行ってしまい、

センターの方、

検便は

保健所さんなんですよ~って

丁寧に場所もおしえてくださいました。

 

その後保健所へ。

 

今出会えた方々が

皆さんが温かくて。

保育の仕事を始めるにあたって

なんだか

嬉しい一日でした。

 

頑張っていこ!

 

決まるといいな。

就活中の私。

明日面接に行くことになりました。

今後の人生の目標のための

学びのような職場。

頑張ってみたいです。

とりあえず明日、

頑張ります。

土日に、地元の公民館で展覧会があり、

三男の作品が展示されました。

昨年、一昨年は次男の絵が飾られていて

今年は三男。

f:id:marihiramatsu:20170206192112j:plain

なんだかとっても嬉しくて

2日間とも観に行っちゃいました。

恐竜が4匹も(*^。^*)

f:id:marihiramatsu:20170206192025j:plain

立春がすぎ・・!

立春が過ぎて、まだまだ寒い日が続いていますが

どこか、春の気配ですね。

特に夕方、日が長くなったなぁと感じます。

 

保育士の資格証が3月半ばに届くようなので

今は就活をして、じっくりお仕事探しをしています。

 

いいお仕事が見つかるといいな。

 

明日はアドラー心理学2回目、学びに行きます。

楽しみ!!